2017年5月16日火曜日

Ebatesから小切手が届いた!

こんにちは。

アメリカに住んでいる方のみしか使えないサイトなので、申し訳ないのですが、この前に書いた、Ebatesというオンラインの節約サイトから、チェック(小切手)が送られてきました!

Ebatesはアカウントを作っているだけで、オンラインショッピングから1%-6%ほどのお金が戻ってくるシステム。

昔から怪しいサイトだと思っていたのですが、笑 サインアップしてみて、本当にびっくり。 

私はGrouponから3つほどのクーポンを買っただけなので、笑ってしまう$1.44(200円いかない)金額ですが、それでも帰ってこないはずのお金が戻ってくると嬉しいものです。

気になる方はこちらのEbatesのブログページ読んでみてください!

















小切手システム、日本の方はなに?って思うかもしれませんね。

アメリカで銀行口座を開けると、自分用の小切手をもらうことができます。

小切手は自分の口座にある金額の上限まで、いくらでも切ることができます。小切手を書くときにこのブルーの名前欄に現金化してほしい人の名前を書きます。名前が合わないと現金化ない仕組み。

今回は会社からの小切手なので、コンピューターで作られていますが、個人の場合は手書きです。

自分の銀行に登録したサインと同じサインがある場合のみ、渡した人(上の小切手の場合ブルーの欄に私の名前があります)が自分の口座に預金できます。

この小切手を使って、電気代や、携帯電話代などを支払える仕組み。銀行振り込みやカードを使いたくない人はこの小切手で払えます。現金と同じなので、スーパーなどでも、使えます。

誕生日などに、現金の代わりに小切手を切ってカードと郵送などの使い方もあります。

ど、同様に人からも小切手が、今回の用に送られてきます。で、私の口座にもっていって、預金します。

私は個人的にこの小切手のシステムが便利だと思うのですが、書いてみると難しいシステムに用に聞こえますね。

では今日はこのあたりで。 また!




人気ブログランキング にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿